「性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律」に関する声明 |共同記者会見

「性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律」に関する声明 |共同記者会見

Posted by jimukyoku 日時 2003/07/10

Share:


2003年7月10日の衆議院での特例法成立に際し、gid.jp と以下の当事者団体は、「全国GID当事者団体ネットワーク」の名称で共同記者会見を開催いたしました。

  • 性同一性障害をかかえる人々が、普通にくらせる社会をめざす会(gid.jp)
  • 家族と共に生きるGIDの会(TFN)
  • Trans Sexual Forum in Japan (TSFJ)
  • GIDしずおか

当日は連絡協議会側と30分しか開催時刻が異ならなかったにもかかわらず、大勢の報道陣の方と国会議員の方にご参加いただき、特例法成立に関して御礼を述べると同時に、特例法の最大の問題であった「現に子がいないこと」という要件に関し、強く訴えることができました。
出席頂いた議員の方は、つぎの方々です。

  • 南野 知恵子 参議院議員 (自由民主党)
  • 山下 英利 参議院議員 (自由民主党)
  • 後藤 博子 参議院議員 (自由民主党)
  • 松 あきら 参議院議員 (公明党)
  • 青山 一三 衆議院議員 (公明党)
  • 江田 康幸 衆議院議員 (公明党)
  • 山谷 えり子 衆議院議員 (保守新党)
  • 江田 五月 参議院議員 (民主党)
  • 家西 悟 衆議院議員 (民主党)

ご出席ありがとうございました。

20030710_共同記者会見.jpg

性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律」に関する声明

今本案は、私たち性同一性障害の当事者の性別変更を可能にするもので、長年待ちわびたものであり、画期的な法案であると認識しております。
しかし、いくつもの課題を残したことも事実です。特に「現に子がないこと」 という要件が付加されてしまったことについては当事者間で大きな波紋と絶望を呼び、子のある当事者が多く参加する私たちの会としてはなんとかこの要件を外せないかと努力して参りました。残念ながら結果、修正はできませんでした。これからは、この要件をなんとか緩和していくべく活動をつづけていかなければなりません。
しかしながら、戸籍の性別変更が実現したとしても、問題のすべてが解決するわけではありません。

私達は活動の目標に次のような5つをあげました。

  1. 戸籍の性別訂正の実現
  2. 性同一性障害治療の健康保険への適用
  3. 地方自治体レベルにおける公文書からの不必要な 性別欄の撤廃
  4. 住民基本台帳ネットワークからの性別欄および 性同一性障害を理由とした訂正履歴の削除
  5. 履歴書からの性別欄の撤廃

このうち「戸籍の性別訂正の実現」については、今回の法案でまず足がかりができました。
「地方自治体レベルにおける公文書からの不必要な性別欄の撤廃」についても、全国の当事者が立ち上がりつつあり、対応が進んでいます。
性同一性障害の当事者は、全国に7,000人とも10,000人とも言われています。しかし、今回の法案で救われるにはわずかに三桁に届かないのではないかとも言われています。このように、まだまだ取り残される多くの当事者が普通に暮らせるような社会が実現するまで、私たちはまだまだ活動を続けていかなければなりません。
本日の法案成立を新たなスタート点として、今後とも努力していく所存です。

皆様方のかわらぬご支援をお願い申し上げます。

平成15年7月10日
性同一性障害を抱える人々が、普通にくらせる社会をめざす会